AndroidでもAssistiveTouchが使える!音量+電源でスクショなんてもう古い!

アシスタントタッチ 価格
無料
ダウンロード
android ダウンロード

アシスタントタッチとは

 

「スクショ撮るのめんどくさっ!」

毎日、このサイトを更新する為に音量-と電源ボタン長押ししてスクショを撮っている私です。

何度音量のゲージが出てきたか!!!

最近この作業が面倒に感じ、IPHONEのAssistiveTouchを使用していますが、Androidにもないかな?と探していたら…

2018/4月に出てるじゃないですか…ヤダァ…。

実際に使ってみてどうだったのか、使い方を解説していきます!

 

アシスタントタッチの使い方!

IPHONEの画面上に半透明で表示されている、コレ(AssistiveTouch)をAndroidでも再現できるアプリです。

 

アシスタントタッチをDL

アシスタントタッチをダウンロード・インストールします。

アシスタントタッチを起動すると、画面上にフローティングアイコンが表示され使えるようになります。

 

アシスタントタッチの設定

アシスタントタッチのアプリを起動します。

設定といってもあまりありませんが、シングルタップ、ダブルタップ、ロングプレス(長押し)した際のアクションを設定できます。

アクションなし 何も起こりません
アクションバック 戻るボタンと同じ
アクションホーム ホームと同じ
アクション最近の タスク一覧表示
フローティングメニュー 設定したメニューを表示
電源ダイアログ 電源ボタン長押しと同じ
プル通知 通知を表示
ロック 電源ボタンを押しロックした状態
コントロールセンター 別アプリをインストールしているとコントロールセンターを表示
最後のアプリの切り替え

とりあえず、シングルタップでフローティングメニュー表示にしておきましょう。
他は誤作動を防ぐためにもアクションなしがいいでしょう。

 

フローティングアイコンでサイズや色を変更

フローティングメニュー

画面右下のーと+でメニュー表示数を変更できます。
表示されているメニューをタップすると、別のメニューに変更ができます。

では実際にスクリーンショットを実装してみます。

アシスタントタッチ > フローティングメニュー > レイアウト

最近 のメニューをタップし スクリーンショット に変更

右下の保存を押して完了です。

 

これで、アシスタントタッチからスクリーンショットが使えるようになりました!

 

アシスタントタッチの欠点

こんなに使いやすく、便利なアシスタントタッチですが欠点がひとつあります。

それは、電源と音量ボタンでスクリーンショットを撮ると、スクショに映りこんでしまう所です。

IPHONEのAssistiveTouchはどうやってスクショを撮ろうがスクショに映りこみません。

フローティングアイコンが表示されている間は、フローティングメニューのスクリーンショットでスクショを撮ればいいだけなのでデメリットとは言えませんが、できれば非表示にしてほしかったですね。

勿論、便利な上に使いやすいので、ただのワガママなんですけども!

メニューをお好みに変更して、IPHONEぽいAndroidの完了です!

 

アシスタントタッチを停止したい時

アシスタントタッチを起動し、赤枠のボタンをタップするだけでOKです!

それでもアシスタントタッチが停止しない時

設定 > アプリと通知 > アプリ情報 > アシスタントタッチ > 強制停止

これで完全に停止します!

 

ランチャーもIPHONEに変更!
AndroidがIPHONEに!ランチャーIOS12!

そんなIPHONEあったっけ?AndroidをIOS12風にできるランチャー!

2018年10月12日

コントロールセンターをIPHONE風に!
風というか、再現度高すぎ!!

IPHONEのコントロールセンターをAndroidで再現!再現度高っ!

2018年10月12日

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

ダウンロード
android ダウンロード
価格
アシスタントタッチ 無料

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA