【Android】citra 3DSエミュレーターの使い方を画像で詳しく解説 こんな動くのか…

Android, エミュレーター

PCでは実機と変わらぬ動きで完成度の高くユーザーの評価も高いcitraがAndroidアプリになりました。

現在Google Playの3dsエミュレーターといえば、あっても動かない物しかないのでダウンロードする時間の無駄です。

PCでは評価の高いCitraですが、~ミドルエンドのスマホでどの程度動くのか試してみました。

Androidで3DSをやりたい方、是非チェックしてみてくださいね^^

 

注意エミュレーター自体に違法性はありません。
しかし、自分で持っているソフトでもコピープロテクトがかかっているソフトを抜き出すのは違法です。

 

実験端末のスペック

Xperia XZ2 Premium android 9.0

Xperia Z3 Compact android 5.1【動かなかった】

3dsソフトは描写が重いため数年前のAndroidスマホでは動かすのは困難です。

Citraの使い方

 

用意するもの複合化した.3dsROM
Android端末 android5.0以上
PC
Batch CIA 3DS Decryptor

 

【手順1】Citraをインストールする

CitraのAPKはGoogle Play Storeにはないので、ネットでダウンロードする必要があります。

所謂、野良アプリとなりますので、ウイルスなどの危険性も伴います。

インストールし、誤作動や不具合が起きても私は責任を取りません。インストールは自己責任でお願いします。

 

◆ 野良アプリCitraをインストールする方法

 

【Android8.0、Android9.0以前の方のみ】

Android設定システム端末情報→ビルド番号を連打

開発者向けオプションを表示させる

提供不明元のアプリのインストールを許可するにチェック

 

 

◆ CitraのダウンロードURL

現在の最新verは0.5.1 2019/11/05時点

https://www.malavida.com/jp/soft/citra/android/#gref

Android端末で上記URLにジャンプ

 

ダウンロードをタップし、この種類のファイルは危険ですよ~って出ますが、OKを押しCitra.apk(17.10MB)をダウンロード

 

ダウンロードが完了後、

Android標準アプリのファイルマネージャーDownlordCitra.apkをタップ

ここで注意文が表示されるが、続行をタップしインストール開始。

何度も言いますが、自己責任で。

これで、Citraがアプリとして追加されました。

 

【手順2】ROMを用意する

Citraで読み込めるromは.3dsになりますが、複合化していないと読み込んでくれません。

読み込ませるには、.ciaと.3dsを複合化する必要があります。

ROMを持っている方は使い方にジャンプ

 

◆【要PC】.3dsと.ciaファイルを用意する。

.3dsと.ciaファイルを用意したら、

 https://gbatemp.net/threads/batch-cia-3ds-decryptor-a-simple-batch-file-to-decrypt-cia-3ds.512385/

から、

Batch CIA 3DS Decryptor(5.04MB)をダウンロードし解凍

 

② Batch CIA 3DS Decryptorフォルダ内にあるBatch CIA 3DS Decryptor.batに.3dsファイルと.ciaファイルを両方ドロップする。

 

するとDecrypting….と表示される。

無事複合化が終わり finished, please press any key to exit.となれば完了。

 

Batch CIA 3DS Decryptor内に、ROM(ファイル名) decrypting .3dsというファイルが出来ていれば成功。

これでCitraで読み込める.3dsファイルが完成となる。

 

◆ winsowsによってPCが保護されましたと表示され開けない

 

Batch CIA 3DS Decryptor.batが開けないwindows Defender SmartScreenは認識されないアプリの起動を停止しました。
このアプリを実行すると、PCにお問題が起こる可能性があります。

 

と出てBatch CIA 3DS Decryptor.batが開けない方は

 

◆ PC(windows10の説明)

スタート設定更新とセキュリティwindowsセキュリティwindowsセキュリティを開く

アプリとブラウザコントロールアプリとファイルの確認をオフにする

全てに適用してしまうので、セキュリティを少しでも高める為、作業後には警告に戻しておきましょう。

 

【手順3】Android端末からCitraを起動する

Citraを一度起動すると、Android本体にCitraemuというフォルダが作成される。

このフォルダの中に、romフォルダを作成し、手順2で作成した.3ds(ROM)を入れましょう。

.3ds(ファイル)の場所はどこでも構いませんが、管理しやすい場所がお勧めです。

 

【手順4】Citraを起動しROMを選択する

citraを起動し、.3dsROMを入れた場所を開きOKをタップ。

 

手順3のファイル配置ならば、Citra-emu→romでOKを押す

手順通りにやっていれば、ここで入れたROMが表示されるはずです。

 

Citraの設定

■ Emulator region
AutoかJapanにチェック

■ Enable hardware renderer
チェックを入れる

■ Enable hardware Shader
チェックを入れる

■ Enable JIT compiler for shaders
チェックを入れる

■ override Emulated CPU clock speed
チェックを入れる

 

Citraのコントローラーマッピング

初期状態では、バーチャルパッドの位置がぐちゃぐちゃで使いづらいため、使いやすく配置する必要があります。

ROMを起動中に画面上からスワイプし、メニューを開きます。

Configure controls → Edit layout で変更が可能になり、満足のいく配置になったらDONEで完了です。

 

Citraで出来ない事

最強3DSエミュレーターとして登場したCitraですが、現段階ではできない事もあります。

 

クイックセーブ

SNESやPSやDrasticなどのエミュレーターについているステート(どこでも)セーブが使えません。

 

使用できるのはバーチャルパッドのみ

バーチャルパッドしか使えず、操作性はあまり良くありません。

エミュレーターで遊んでいる方はほとんどの方が欲しがる機能、アップデートで付くことを祈りましょう。

 

Citraはどのくらい快適に動くのか

3Dで動き回るゲームをプレイしてみましたが、ヌルヌルと動きます。

フリーズやコマ送りになる箇所は少ないですが、若干の音飛びはあります。

実機並みとはいきませんが、プレイは可能です。

 

その他の動作確認してみたジャンル

動作 音飛び
格闘ゲーム系 できない事はない 結構ある
RPG系 快適 ムービーなどである
アクション系 やや不満 結構ある
パズル系 快適 たまにある
レース系 やや不満 結構ある

Xpreia XZ2 premium使用時は、マリオカートやスマブラやモンハンはプレイが難しく感じます。

ドラクエなどの3Dで動くRPG系はたまに重くなりはしますが、ほぼほぼ快適と言えるでしょう。

 

Citraで遊んでみたまとめ

実機並みとはいきませんが、と、書きましたが、そもそもCitraは開発段階です。

開発段階でこの内容ならばインストールする価値はあるように感じます。

今後アップデートで良くなっていけば、DraSticのような最強エミュレーターになる事間違いなしでしょう。

Android端末で3DSができるCitraの紹介でした!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

掲載エミュレーター一覧
NESエミュ SFCエミュ N64エミュ
GCエミュ(未) wiiエミュ(未) DSエミュ
3DSエミュ PS1エミュ PS2エミュ
PSPエミュ GBAエミュ エミュ一覧へ